風俗店なのか判断しよう

高額な価格設定

風俗店は、料金が赤高いと思ってください。
性的なサービスが含まれるので、安くても8000円はします。
普通のお店で、そこまで高額になることはありません。
仮に風俗店以外がそのような価格を設定していた場合は、ぼったくりだと思っても良いでしょう。
風俗店は、いくつかコースがあります。
高額なコースになるごとにサービス内容が増えます。

10000円を越えるコースは、かなり濃厚なサービスを受けることができるので、風俗店に行って性的なサービスを受けたいならそのぐらいの価格設定をしているお店に行けば間違いありません。
料金は、お客さんにとってとても重要な情報です。
ですから目立つように説明されているので、すぐに各コースの料金が分かります。

安くても注意

安い料金が掲げられているお店だからと、普通のお店だと思って油断しないでください。
スタッフが少しセクシーな衣装を着ているお店は、風俗店に当てはまる場合があります。
そのようなお店で最も怖い点は、無許可であることです。
無許可で風俗を経営することは、日本の法律で認められていません。
経営していた側も、利用しお客さんも処罰を受けます。

料金だけを見ないで、スタッフの服装などもチェックしてください。
普通のお店であれば、スタッフがセクシーな衣装を着用する必要はありません。
衣装を見ることも、風俗店かどうか見極める時に重要な役割を果たします。
面倒に感じないで、必ず調べてください。
見逃がすと、目的に合わないお店に行ってしまいます。


この記事をシェアする